2017年11月11日

『先生がジャッジばかりしてたら、子どもどうしもジャッジし合うようになります。』

ドキュメンタリー映画『みんなの学校』に登場する、大阪市立大空小学校初代校長の木村泰子さんは、長崎県教育文化会館での講演会でこんなことをお話されました。



『大空(小学校)には校則もマニュアルもありません。

ただひとつ、"じぶんがされていやなことは人にしない、言わない"という約束だけです。

マニュアルなんて、もしひとりでもあてはまらないなら活きないんですから、そのかわりに、私たちはただ子どもたちを見てきました。

そして、そのこどもたちから学んできました。当然、大空でもいろんなことがあります。

だけど、大人がそこにはいってジャッジするのでなく、子どもどうしの気持ちを通訳してあげればいい。

「なんでおこってるん?」

「どうしたん?」


「そのときどう思った?」

など、子どもたちの言葉にできない気持ちを引き出して、通訳してあげる。

それだけしてあげれば、子どもたちはちゃんと通じ合える力を持っています。

その力は本当にすごい!

でも先生がジャッジばかりしてたら、子どもどうしもジャッジし合うようになります。

だって、子どもたちは、大人がつくる空気を吸って、いつも生活しているんですからね。』







【稲武にたった1日だけ手づくり映画館がオープン!上映日まであと12日!】

音響係や照明係は子どもたちが担当します。
場内の案内図も、子どもたちが作りますよ。
(写真は夏に開催された川遊びイベントの際に貼られていた案内図です。なかなか良いでしょ。)





〜子どものしあわせを願うすべての人へ〜

【映画『みんなの学校』稲武上映会のお知らせ】

■上映日:2017年11月23日(木・祝)
■上映時間:10:00-11:45/13:30-15:15/18:30-20:15
■会場:豊田市立稲武中学校・多目的ホール
■会場住所:愛知県豊田市桑原町鐘鋳場270
◎バリアフリー版日本語字幕つき上映◎
■参加費:大人300円(コーヒーまたはお茶つき)高校生以下・障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方は無料
*映画のあと、お時間ある方は感想をシェアしましょう!(๑˃̵ᴗ˂̵)
■主催・お問合せ:稲武地球子屋(いなぶてらこや)と仲間たち
■協力:稲武小学校PTA/おいでんさん・そんセンター/ひゃくようばこ
■後援:豊田市教育委員会/豊田市社会福祉協議会/豊田市/矢作新報
■お申し込み・お問い合わせ先
稲武地球小屋(いなぶてらこや)
TEL:0565-82-2332
MAIL:inabu.terakoya★gmail.com
※★を@マークに変えて送信してください。
※予約状況など詳細は、主催者までお問合せください。
※会場の後方に子どもスペース・授乳・おむつ替えスペースを設けています。

※名古屋方面から香嵐渓を迂回して稲武に向かう迂回路について http://inabuminnanogakko.boo-log.com/e425157.html

■予告編はこちら。
http://minna-movie.jp/trailer/






































































  


Posted by hyakuyobako at 11:38コメントをする・見る(0)